これでスッキリ!むくみ解消対策室

顔も身体もココロもすっきり!むくみ解消ナビ☆

気になる顔・目元・まぶたのむくみの解消法をご紹介しています。マッサージ・ツボ・ホットパック・スキンケア・サプリなどの効果的な方法を掲載中!

肩、首、デコルテ…顔以外もマッサージしよう

顔がパンパンになってしまうむくみの原因は、顔に余分な水分が溜まっていることにあります。だから、顔の水分をいかに流すかが大切になるのです。

まず、一番簡単な方法はマッサージや軽い運動です。マッサージをする時のポイントは、顔自体ではなくて首やデコルテから行うということ。

鎖骨の上にあるくぼみに指を4本入れて、左右20回ずつ押します。気持ちいいと感じるくらいの力でほぐしましょう。これで、水分が流れやすい状態になります。

次に顔のマッサージ。あごから耳の上にかけて引っ張りあげるように擦ります。何度か繰り返したら、耳の後ろ側から首筋にかけてなで下ろします。鎖骨に水分を流すイメージを持ってマッサージしましょう。これだけで、だいぶ顔のむくみは解消しますよ。

また、肩甲骨を中心に肩のストレッチも効果的。肩を回したり、手を背中側で組んで腕ごとあげて肩甲骨周りの筋肉を伸縮させるなど、いくつかのストレッチをゆっくりと痛くない範囲で行います。

頭皮を軽くマッサージするのも有効で、全身の血行がよくなってむくみの解消に繋がります。

レンジでチン♪簡単ホットパックでむくみ解消

むくみは、基本的に血行を良くすることで解消できます。湯船に浸かって、全身の血行を良くする方法はとても効果的ですが、なかなか湯船に入る時間をとれないという人も多いと思います。顔、とくに目元のむくみをとるのであれば、ホットタオルを使うだけでも十分に効果が得られます。ホットタオルは、濡れたフェイスタオルを固めに絞り、電子レンジで1分加熱すれば出来上がり。目元を中心に、気になるところに当てて血行をよくしましょう。むくみが酷い場合には、冷たいタオルと熱いタオルを2種類つくって交互に当てるのが効果的です。血流が刺激されてスッキリとしますよ!

むくみ体質を根本解決!したいならサプリがお勧め

顔がパンパンになる、目元がむくんで重くなるという、顔のむくみは、日々の生活を見直すだけでもよくなります。お酒を飲み過ぎた次の日の朝、顔がむくむ経験をした人は多いと思います。アルコールには血管内脱水という体内の水分を奪う作用があります。そのために、血液濃度が高くなってしまい、体が血管内に水分をたくさん送り込みます。このうち余分なものが体に残って、次の日むくんでしまうのです。お酒を飲み過ぎた日はミネラルをたっぷり含んだ水を飲んで、酔いが冷めてから寝るとむくみは減ります。

また、お酒を飲むとつまみを食べ過ぎてしまったり、塩辛いものを食べたくなる人も多いですが、塩分の摂りすぎにも注意しましょう。体内の塩分濃度が高くなると、その濃度を調整するために体は水分を留まらせようとします。それが水分過多につながり、むくみの原因になるのです。塩分を摂り過ぎてしまった場合には、塩分の排出を手助けしてくれるカリウムを摂るようにするとむくみ予防になります。カリウムはバナナやリンゴに多く含まれているので、意識して食べてみましょう。

そして、毎日の生活の中でむくまないように注意しながら、根本的な体質改善もしていくのが最大のむくみの予防になります。最近では、むくみを改善するためにベストな栄養成分が配合されたサプリメントもたくさん出ているので、ぜひサプリを上手に取り入れて、むくみのない健康的な生活を送りましょう♪